超えマンが 想像力 サンプル版

自分の中の超え万に気づいたら、想像力を高めることを心がけよう。

普段の生活では自分の感情の表現を抑えているこもある。現代生活は昔に比べれば自由になったかもしれないが、自由になったぶん、競争やコミュニケーション能力が求められるようになった。もともと、自由の中には優しさや心のゆとりが含まれると思うが他人と常に競争しているような心理状態では、その表現は決して本来の自由さから出たものではないのである。

超えマンを知り、ほんとうの自己は自己超越性を伴っていると気づいたからには、さらに自由の高みに上っていくことが可能だ。それに役立つのが想像力だ。

マンガの主人公になったつもりで、普段、不可能なことで想像の中で挑戦してみよう。いまや、心は冷静でイメージが現実世界とは接点がないものだと明確に理解している。その理解の中でこそ、本当の想像の冒険ができるのである。