超えマン おすすめ 本を書いてみる練習 

いよいよマインドのトレーニングの最終段階である。

超えマンにより、自己超越のコツをつかみ、想像力を高める練習をしたら、ストーリーを自分で文章にしてみよう。何も恥ずかしがることはない、本当にしたいことを書いてみればよい。何度も推敲を重ねることで、イメージは強固になるのだ。良い表現を求めて推敲するのではなく、なんどもイメージを重ね塗りしていくことで、くっきりとした明らかなイメージに練り上げることが可能になる。

いまやあなたは、ちょっとしたイメージトレーニングのマスターだ。

これもイメージが現実世界とは関係のない世界なのだという理解があるからこそできるのだ。

すべてのマスターキーは自由であること。超マンの自己超越性こそが生命の活力に自由な表現を与えるのだ。